元台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないことを綴っています。(Twitter: @superflyer2015)※2017年夏に中国に引っ越しました。(http://chinalover.hatenablog.com/)

スポンサードリンク

台北にある牛肉麺の名店「北芳園精緻牛肉麵」

今回は、台北市内にある牛肉麺の名店「北芳園精緻牛肉麵」をご紹介したいと思います。

 

台湾と言えば牛肉麺!


台湾には日本人の味覚に合う美味しいものがたくさんありますが、数年間の現地生活において私が最もよく食べたものは「水餃子」と「牛肉麺」です。

 

特に牛肉麺は何が面白いかと言うと、店によってかなり味が異なるということです。はっきり言って、美味しいお店とそうでないお店との差も特に激しかった気がします。

 

大雑把に言えば、日本で言うところのラーメンですから、「一番美味しいお店は?」と問われた際の答えは人によって大きく異なるかと思います。私も台北市内には数店好きなお店があるのですが、「外国人が旅行で訪れた際に最も楽しめる可能性の高いお店」という観点から独断と偏見で選んだお店を一つ今回はご紹介したいと思います。味はもちろんのこと、アクセスのしやすさ、店内の清潔感なんかも考慮した上で選びました。

 

牛肉麺の名店「北芳園精緻牛肉麵」


ということで、今回ご紹介するのは「北芳園精緻牛肉麵」という牛肉麺専門レストランです。台北市内に2店舗あるようなのですが、私は片方にしか行ったことがないので、そちらの紹介となります。

 

  • 住所:台北市信義區永吉路30巷178弄1號
  • アクセス方法:台北メトロ市政府駅4號出口を出てすぐ
  • 営業時間:11:00〜深夜3:00

 

北芳園精緻牛肉麵

 

台北というか台湾における最も賑やかなエリア市政府にあり、地下鉄の駅の出口から非常に近いのでアクセスは極めて簡単です。その分お値段は高めなのですが、所詮は牛肉麺ということでびっくりするような価格ではありませんから、特にたまにしか訪れることのできない旅行者の方々にはオススメです。

 

なお、営業時間は上記の通り表向き深夜3時までということになっているのですが、先日マッサージを受けた帰り、深夜1時過ぎに行ってみたところ「今日はもう出せない」と言われたので、あまりこの営業時間は信じない方が良いかもしれません。

 

お店の外観はこんな感じです。

 

北芳園精緻牛肉麵

 

北芳園精緻牛肉麵

 

北芳園精緻牛肉麵


高級牛肉麺レストラン(?)ということで、店内は綺麗で非常に清潔に保たれています。

 

北芳園精緻牛肉麵

 

北芳園精緻牛肉麵

 

席に着くと店員さんがメニューを持ってきてくれます。 

 

北芳園精緻牛肉麵

 

「半筋半肉葱焼王牛肉麺」


私がこの日注文したのは、「半筋半肉葱焼王牛肉麺」350元(約1,300円)と小菜の盛り合わせ120元(約450円)。麺は刀削麺でお願いしました。

 

まず最初に出されたのは小菜の盛り合わせ。

 

北芳園精緻牛肉麵

 

ごくごく普通の小菜ではありますが、台湾で一人ご飯の際に複数の種類の小菜を食べるのは一般的には難しいので、いろんな味が楽しめて嬉しいです。

 

そしてメインの牛肉麺が登場。

 

北芳園精緻牛肉麵

 
麺はこんな感じです。

 

北芳園精緻牛肉麵

 
味なのですが、とにかくものすごく品があります。牛肉のエキスたっぷりのスープとモチモチの刀削麺は最高のコンビネーションで、もうこれ以上の味が思いつかないくらいです。塩加減はいかにも台湾スタイルな控え目ですから、安心してスープも楽しむことができます。

 

日本のラーメン界隈では、数年前からいわゆる「家系」が流行っているようですが、ラーメンに例えるなら、ここの牛肉麺はシンプルな「中華そば」といった感じでしょうか。もっとコテコテの牛肉麺も台湾にはありますが、シンプルですっと体に染み渡る素材の美味さという観点で、私はここの牛肉麺が大好きです。

 

在住時に私が普段よく食べていた牛肉麺は110元でしたから、はっきり言って価格は明らかに高めですが、自信を持ってオススメできる味ですので、ぜひ皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

 

もし「もっと美味しいもの知ってるよ!」なんて方がいらっしゃいましたら、記事の投稿なんかも大歓迎ですので、もしよかったらぜひ当ブログのご活用を検討してみてください。

 

taiwanlover.hatenablog.com

 

台湾を離れてしばらく経ち、台湾の味が恋しくなってきました。いつか機会があったら、再訪して懐かしい味に触れたいなと思っています。