読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないこと、現地在住者ならではの観光情報などについて発信していきたいと思っています。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

(台湾一の小籠包!?)「點水樓」の「SOGO店」に行ってきました

今回は私が台湾で一番好きなレストランをご紹介したいと思います。

 

「點水樓」の「SOGO店」


「台湾グルメと言えば?」と問われたら、皆さんは何と答えますか?

私だったら、やはり「鼎泰豐(ディンタイフォン)の小籠包」と答えるでしょうね。圧倒的な知名度ですし、何を食べても美味しいし、私も誰かと食事に行く際にはよく利用します。

ただ、例えば、「ディンタイフォンの小籠包が台湾で一番美味しいの?」と問われたら、私の答えはNOです。個人的には、今回ご紹介する「點水樓」というレストランの小籠包の方が若干レベルが高いような気がします。決して大きな差ではありませんし、味覚には個人差もありますから、あくまで私の意見ですが。

まだ行ったことのない方に一言で説明するのなら、點水樓はディンタイフォンをもう少し高級にしたレストラン、と言ってしまって良いのではないかなと思います。メニュー自体は結構似ていますから。ディンタイフォンも地元民的には高級レストランですが、価格で言ったら點水樓はもっと高いです。お酒を一切飲まない場合、ディンタイフォンに二人で行くとだいたいお会計は1,100元(3,900円)くらいのことが多いのですが、點水樓だとそれが1,400元(5,000円)くらいになることが多いので、ざっくり言うと3割くらいは高いような気がします。

お店の場所ですが、點水樓は台湾全体では7店舗あり、そのうちの3店舗が台北市内にあります。今回私が訪れたのは「SOGO店」。台北メトロ(MRT)の「忠孝復興駅」に隣接しているそごう(SOGO)デパート復興館の11階にあります。

 

質の高い料理たち


ということで、やってきました「點水樓」の「SOGO店」。

 

「點水樓」の「SOGO店」


メニューはちょっと厚めで、ページ数が多いので何を頼むか悩んでしまうかもしれません(笑)

 

「點水樓」の「SOGO店」


テーブルの上はこんな感じ。

 

「點水樓」の「SOGO店」

 

「點水樓」の「SOGO店」


ディンタイフォンと違って、お茶の入ったポットがテーブルの上に置かれていますから便利ですね。好きなタイミングで好きなだけ気軽に飲めます。量が減ってきたら、もちろん店員さんに言えばお湯を足してもらえます。

それでは、今回注文した品の数々を順番にご覧いただきたいと思います。

まずは、私が大好きな「四季豆」。

 

「點水樓」の「SOGO店」


これ、本当に美味しくて私は大好きです。毎回必ず食べます。まだの方は、ぜひ試してみてください。

そして私にとっては、これも欠かすことができません。「皮蛋(ピータン)豆腐」。

 

「點水樓」の「SOGO店」


好き過ぎて、実はつい先ほども別のお店で食べました。特にビールのつまみに最適です。見た目のせいか、女性の中には嫌がる方が多いのですが、美味しいですよ〜!

次に運ばれてきたのは「空心菜の炒め物」。

 

「點水樓」の「SOGO店」


これはメニューには載っていなかったような気がするのですが、店員さんに聞いたらあるとのことで注文しました。まあ、定番中の定番ですよね。シャキシャキした食感にシンプルな味付けがグッドです。

そしてやってまいりました、メインディシュの「小籠包」!

 

「點水樓」の「SOGO店」


席についてメニューを眺めていたところ、店員のおばちゃんから日本語で、「うちの小籠包がナンバーワン! ディンタイフォンはナンバーツー!」と言われました(笑)

ディンタイフォンの小籠包は超薄皮なのが特徴ですが、ここのはそれよりも少し厚めです。しかしながら、柔らかい生地で舌触りがよく、スープの味は濃厚で深みがあり、全体的に高いレベルで完成された味わいです。本当に美味しいです。皆さんもぜひディンタイフォンの小籠包と比べてみてください。

次に運ばれてきたのは「エビ蒸し餃子」。

 

「點水樓」の「SOGO店」


私はこれも大好きでよく注文します。小籠包よりもこっちの方が食べ応えがありますね。日本ではこれもなかなか食べる機会がないので、台湾ならではと言えるのではないでしょうか。

このくらい食べると結構お腹がいっぱいになるのですが、「高いものを食べる時はケチらずにとことん食べる。ケチるのなら行かない。」というのが私のモットーなので、まだ食べます(笑)

最後は、定番の「エビチャーハン」と「チキンスープ」でシメです。

 

「點水樓」の「SOGO店」

 

「點水樓」の「SOGO店」


どちらも本当に美味しいです。特にこのチキンスープなんて、素材の味を大切にしているためか、味付けはかなりシンプルです。しかしながら、チキンのいい出汁が出ていて、本当に「旨いなぁ〜」と唸りたくなるような味です。

全体的に油っぽい料理が多いのですが、お茶を飲みながら食べるとそれも気にならず、どんどん箸が進みます。やっぱり台湾グルメ、いいですね!

 

まとめ


夜市の屋台料理やその辺にあるローカルな食堂の料理も美味しいのですが、まともなレストランの料理もやはり美味しいです。最近ふと思うのですが、予算に合わせて若者から高齢の方まで幅広く楽しめるのが台湾旅行の良い点なのかもしれません。今回訪れたお店なんかは、周りを見渡すと結構年齢層は高めでした。ディンタイフォンに比べて「飲茶」的な感じが強くて、のんびりできる雰囲気があるような気がしました。

ということで、「點水樓」、オススメです!!!

ちなみに実は、私はもっと美味しい小籠包も食べたことがあります。気になる方は以下の記事をご覧になってみてください。

 

sfcmiler.hatenablog.com


ただ、そこのレストランは何でもかんでも高くて、ざっくり言って點水樓の二倍くらいはしますからね、、、

それにしても、う〜ん、、、グルメって奥が深いですね。グルメだけをテーマにした漫画がたくさんあるのも頷けます。

兎にも角にも、私は小籠包が大好きです。皆さんもぜひ、台湾を訪れた際には、いろんなお店で食べ比べてみてください。