元台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないこと、現地在住者ならではの観光情報などについて発信していきたいと思っています。(Twitter: @superflyer2015)※2017年夏に中国に引っ越しました。(http://chinalover.hatenablog.com/)

スポンサードリンク

台湾桃園国際空港で中華電信のプリペイドSIMカードを購入してみました

最近、台湾桃園国際空港で中華電信のプリペイドSIMカードを購入しましたので、価格や購入方法についてご紹介したいと思います。

 

台湾の空港で購入可能なプリペイドSIMカード


かつて海外旅行と言えば、ガイドブックや事前に作ったメモを片手に街を歩くのが主流でしたが、時代は変わり、スマートフォン一台持ってくれば、紙の地図など一切必要なくなりました。必要な情報は、インターネットを利用して適宜現地で簡単に得られるようになったわけです。

日本人が台湾を訪れる際には、到着した空港で「プリペイドSIMカード」の購入が可能ですから、これを利用するのが最も便利だと思われます。もちろん、スマートフォンの「SIMロック」を事前に解除しておく必要がありますが、最近はそれも容易になったそうなので、「海外渡航先で現地のプリペイドSIMカードを購入」という旅のスタイルは、だんだんと日本人にとっても一般的になってきたのではないでしょうか。

今回は台湾桃園国際空港で購入可能な「中華電信」というキャリアのプリペイドSIMカードについてご紹介したいと思います。ちなみに、台北の市街地にある台北松山空港で中華電信のSIMカードを購入した際の記事は以下のリンク先にあります。

 

taiwanlover.hatenablog.com

 

台湾桃園国際空港で購入可能な中華電信のプリペイドSIMカード


今回私は、台湾桃園国際空港の第二ターミナルにて、中華電信のプリペイドSIMカードを購入しました。具体的な場所なのですが、到着ロビーを出たら右方向に真っ直ぐ進み、外に出る出口の手前を右に曲がって少し進むと中華電信のカウンターが見つかるはずです。もっと簡単に言うと、到着ロビーから高速バス乗り場に向かう途中にあるので、バス乗り場への案内通りに進んで行けば簡単に見つかります。ちなみに、中華電信のカウンターの手前には「台湾大哥大」という別のキャリアのカウンターもあるのですが、そこの会社のSIMカードは中華電信に比べて少し高いので、私は購入したことがありません。以下でご紹介しますが、例えば、「LTE(4G)回線でのデータ通信30日間使い放題と一定額分の音声通話料」がついたプランは中華電信だと1,000元(約3,550円)ですが、台湾大哥大だとその金額では15日間しか使えません。

中華電信のプリペイドSIMカードの料金プランは以下の画像の通りです。

 

中華電信のプリペイドSIMカード


個人的には、かなりリーズナブルな料金設定だと思うのですが、いかがでしょうか。ほとんどの旅行者は一週間以内の滞在でしょうから、500元(約1,780円)以内で済むケースが多いのではないかと思われます。

今回私は、30日間有効なものを選択しました。買い方ですが、上の画像の案内がカウンターに置いてありますから、好きなプランを指差せばOKです。ただ、料金の支払い方が少し変わっていて私は今回驚きました。数ヶ月前に台北松山空港で購入した際には、その場で現金を渡してパスポートを提示し、書類にサインをするだけだったのですが、今回は違いました。なんでも、「オンラインでのクレジットカード決済のみ」なのだとか。上の画像のQRコードを読み込んでアクセスできるサイト上で、メールアドレスとクレジットカード番号を入力することによって決済し、パスポートを提示して書類にサインをするとSIMカードがもらえます。「SIMカード購入前には、そもそもネットへの接続なんてできないんじゃ、、、」と思われるかもしれませんが、空港内では無料のWi-Fiが利用可能ですから、それに乗れば問題ありません。ちなみに、クレジットカードはVISAもしくはMasterしか使えませんから、その点だけは要注意です。

購入手続きが済むと、こんなのが渡されます。

 

中華電信のプリペイドSIMカード

 

中華電信のプリペイドSIMカード


ご覧の通り、SIMカードは全てのサイズに対応していますから、自分のスマホに合ったサイズの枠で切り取って挿入すればOKです。

ちなみに、以前台北松山空港で購入した際には、SIMカードの挿入から動作確認まで全て店員さんがやってくれたのですが、今回は商品を渡されてそれで終了でした。基本的には挿入するだけで使えるはずですが、冒険をする必要はありませんから、購入したらすぐにその場で動作確認をすることを強くオススメします。つながらない場合は、躊躇わずに店員さんに教えてもらいましょう。

 

まとめ


プリペイドSIMカードの他に、「レンタルWi-Fi」というのもあるのですが、SIMカードに比べると高めな料金設定ですし、ルータを持ち歩くのは面倒だし別途充電も必要なので、個人的にはやはりSIMカードの購入がオススメです。

ということで、今回の記事が台湾旅行を予定されている方にとって、少しでも参考になったら嬉しいです。

最後に繰り返しますが、「契約しているキャリアに依頼し、渡航前にSIMロックを解除しておく必要がある」、「支払いはクレジットカード払いのみ(しかもVISAかMasterのみ)」という点にだけはくれぐれも注意なさってください。