元台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないこと、現地在住者ならではの観光情報などについて発信していきたいと思っています。(Twitter: @superflyer2015)※2017年夏に中国に引っ越しました。(http://chinalover.hatenablog.com/)

スポンサードリンク

2016年に行きたい海外旅行先第1位に「台湾」が選ばれました!

台湾の台北の夜景


また勝っちゃいましたね。台湾。

 

2016年に行きたい海外旅行先第1位は「台湾」


「株式会社リクルートライフスタイル」に設置された海外旅行に関する調査研究機関「エイビーロード・リサーチ・センター」が2015年に海外旅行をした18歳以上の男女4,802人を対象に実施した調査で、「2016年に行きたい海外旅行先」の第1位に「台湾」が選ばれたそうです。ちなみに、第2位はハワイ、第3位はオーストラリアだったのだとか。

これ、かなり意味のある調査だと私は思います。調査対象は「2015年に海外旅行をした人」ですから、「実際には海外に行く気がない」出無精な人はしっかりと除かれているわけです。

いやぁ〜台湾在住日本人としては、こういう結果を耳にするのはやはり嬉しいですね。台湾は随分と長い間、この手のランキングの上位ランカーとして居座ってきたわけですが、まだまだ強いですね。台湾は。

 

台湾の何がそんなにまで日本人を惹きつけるのか?


何を今更、、、と言われてしまうかもしれませんが、せっかくの機会ですので、あらためて私が台湾旅行を勧める「理由」を書き出してみようかなと思います。

 

治安が良好


まずは何と言ってもこれですよね。データを用いた比較ではなく、何年も住んでいる者の勝手な感想ですが、台北の治安は少なくとも東京よりは絶対に良いと思います。深夜でも若い女の子はその辺を普通に一人で歩いていますし、歩きスマホしていてスマホをひったくられることもないし、人前でも気軽に財布を出せるし。私は東京では置き引きに遭ったり飲食店でボッタクられたりと嫌な経験を何度もしていますが、台湾では一切そういった経験をしたことはありません。

ただ、「台湾にいる外国人(日本人を含む)」には少しだけ警戒した方がいいかもしれません。東南アジア諸国同様、台湾でも繁華街に行くと不良日本人みたいなのがいますから。

 

近いけれど確実に外国


どうも台湾を訪れたことのない日本人の中には、「台湾では普通に日本語が通じる」なんて思い込んでいる人がいるようですが、これは「日本では普通に英語が通じる」というステートメントに似ています。「話せる人も少しはいるけれど、基本的には通じない」ということです。

安心してください。「外国に来た」という実感は十分に得られると思います。

 

食べ物が美味しい


これに関しては特に説明は必要ありませんね。一人4,000円程度で楽しめる高級中華料理も美味しいし、一品150〜200円くらいで楽しめる夜市(ナイトマーケット)の屋台料理も美味しいし、その辺のボロい飲食店で食べられる200円くらいの炒飯も本当にすごく美味しかったりします。

特に夏はフルーツも美味しいし、フルーツを使った創作ジュース的な飲み物もいろいろあって楽しいです。

 

台湾の人たちは性格が温厚


基本的に台湾の人たちは温厚でおおらかな性格なので、どこを訪れても独特の「温かみ」みたいなものがあり、ギスギスした日本社会で疲弊している人なんかには日常を見つめ直すいい機会になるかもしれません。

例えば、先日私がベトナムを訪れて思ったのは、押し売りみたいなのがしつこくて、兎にも角にもみんなお金を稼ぐのに必死過ぎるなということです。その点、台湾の人たちは決して経済的に豊かではないのに、お金にはあまり執着していないように見えるんですよね。

 

基本的に何でもある


日本同様、台湾も島国ですから、山も海もあって自然に恵まれています。台北市街地から台北メトロ(MRT)でアクセス可能な範囲内に温泉もありますし、南部に行けば美しいビーチを楽しむこともできます。

また、セレブ旅行を楽しみたい方にも悪くない選択肢だと思います。超高級ホテルも台北には少なくありませんし、3万円以上のコース料理を提供しているフランス料理のレストランなんかも普通にあります。高級ブランド店でショッピングを楽しむこともできます。

 

経済的


日本から近いし、格安航空(LCC)の便が充実しているし、物価的にもまだ日本人が楽しめる水準なので、お金をあまり使わなくても楽しめるという利点があります。公共交通機関もすごく安いです。学生さんがバイトで稼げる程度のお金で簡単に遊びに来れるのではないでしょうか。


とまあ以上、ざっと挙げてみるとこんなところでしょうか。

台湾の夏は東京や大阪の夏同様すごく暑いのですが、暑い中で飲むフルーツジュースや、ローカルな台湾料理を肴に飲む台湾ビールはすごく美味しいので、ぜひぜひ皆さんも気軽に遊びに来てくださいね!