元台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないことを綴っています。(Twitter: @superflyer2015)※2017年夏に中国に引っ越しました。(http://chinalover.hatenablog.com/)

スポンサードリンク

広東料理レストラン「糖朝」で楽しむ点心と香港スイーツ

今回は、台北在住の当サイト管理人が大好きな広東料理レストラン「糖朝(Sweet Dynasty)」を紹介したいと思います。

 

広東料理レストラン「糖朝」


今回ご紹介する広東料理レストラン「糖朝(Sweet Dynasty)」は、台湾観光のガイドブックに必ず載っている有名店です。本店は香港にあり、台湾、中国、日本、アメリカでチェーン展開をしています。実は、台湾内3店舗に対し日本には7店舗もありますから、まあ台湾旅行で訪れるべき場所かと問われると微妙なのですが、個人的には非常に気に入っているレストランの一つです。

メニューはかなり豊富で、点心はもちろんのこと、野菜やエビなどの様々な炒め物、麺やお粥などが楽しめます。また、特筆すべきはスイーツですね。レストランの名前からもわかるわけですが、ここをスイーツのお店だと思っている人も多いくらいこちらのデザート類は有名です。デザートを楽しむ人のためのソファー席なんかもありますから、他で食事を済ませ、こちらではスイーツのみを楽しむという利用も可能です。店内の雰囲気も良いので、特に女性にオススメです。

お店の場所ですが、台北の店舗は台北メトロ(MRT)の忠孝敦化駅の2番出口を出てすぐの場所にありますから交通至便です。

 

台北メトロ(MRT)の忠孝敦化駅の2番出口


忠孝敦化駅の2番出口を出て左を向くとZARAがあるのですが、その左側に大きな看板が出ているので、簡単に見つかると思います。

 

糖朝(Sweet Dynasty)


ちなみに、写真にも写っていますが、同じビル内には「OMNI」というクラブが入っていて、先日、古坂大魔王というかピコ太郎がここでパフォーマンスをしたそうです。

レストランは二階にあり、上の写真に写っているビルの中に入ると左手にこんな感じの入り口が見つかりますから、こちらから上の階に上がりましょう。

 

糖朝(Sweet Dynasty)


レストランの受付はこんな感じ。

 

糖朝(Sweet Dynasty)


予約に関しては私はしたことがありませんが、結構席数が多いせいか、私の経験上いつ行ってもほとんど待たずに席に案内されます。

なお、営業時間は日曜日〜木曜日が夜の12時まで、金曜日と土曜日はなんと深夜2時までやっています。居酒屋やバーを除けば、台湾にある飲食店でこんな時間帯まで営業しているところは極めて稀ですから、覚えておいて損はないレストランと言えるのではないでしょうか。カップルがデートで利用するにもぴったりですね。

店内はこんな感じになっています。

 

糖朝(Sweet Dynasty)


写真からも伝わるかと思いますが、こちらのお店、照明が少し暗めなんです。私はこんな感じの落ち着いた雰囲気のお店が大好きです。普段明るいオフィスで長時間労働を強いられているので、オフの時間はこういった大人な雰囲気に癒されたいわけです。上にも書きましたが、テーブル席とは別に、たくさんのソファー席も用意されていて、デザートのみの場合はそちらに案内してもらうことも可能です。また、テーブル席で普通に食事をし、デザートはソファー席でいただくこともできます。

席に着くとテーブルの上はこんな感じ。お茶は数種類から選ぶことができます。

 

糖朝(Sweet Dynasty)

 

糖朝(Sweet Dynasty)

 

糖朝(Sweet Dynasty)


料理の種類が豊富なため、メニューは結構厚いです。個人的にはこちらのお店のお粥が大好きなのでオススメですが、他の料理も美味しいので甲乙つけるのは難しいです。皆さんも是非、フランス人みたいに何を注文しようか迷う時間を大いに楽しんでください(笑)

 

料理の数々


以下、こちらを訪れたある日に私が注文した料理の写真をざっとお見せしたいと思います。

 

糖朝(Sweet Dynasty)

 

糖朝(Sweet Dynasty)

 

糖朝(Sweet Dynasty)

 

糖朝(Sweet Dynasty)

 

糖朝(Sweet Dynasty)

 

糖朝(Sweet Dynasty)


お粥と聞くと、日本人には風邪をひいた時に食べる物というイメージがありますが、ここのお粥は本当に美味しいのでオススメです。いろんな種類があるのですが、私のお気に入りはこちらのピータンが入ったお粥。見た目とは大違いでかなり深みのある味わいです。一度食べればお粥に対するイメージが大きく変わるのではないでしょうか。

さて、一通り食事が終わったら、やはりシメはスイーツです。スイーツに関しても本当に種類が豊富ですから、かなり迷うかと思います。一応看板メニューは「豆花」なのですが、どれも美味しいので安心して注文できます。

今回試したのは以下の二品。

 

糖朝(Sweet Dynasty)

 

糖朝(Sweet Dynasty)


上のはパンナコッタなのですが、濃厚な味わいで、上に乗っている酸味が効いたジャム(?)とよく合います。下に写っているマンゴーのデザートも本当に美味しかったです。ドライアイスが入った器で出してくれるので、見た目にも楽しめます。スイカやメロンとマンゴーソースが相性バッチリ。マンゴーアイスも美味です。

ということで、紹介は以上になりますが、どうでしょうか、試してみたくなりましたか?
味だけではなく雰囲気も良いお店なので、デートはもちろんのこと、女性同士の女子旅や女子会なんかにもうってつけなのではないでしょうか。

 

おまけ


今回こちらのレストランを訪れてあらためて思いましたが、広東料理って本当に美味しいですよね。

日本人にとって特に人気のあるアジアの旅行先と言ったら台湾と香港だと思いますが、実は私は香港も大好きで、前回訪れた時に利用したレストランが非常に良かったので記事のリンクを貼っておきます。

 

(香港旅行)広東料理レストラン「龍苑中菜廳」で楽しむ絶品点心 - とある飛行機好きの生活向上ブログ

 

(香港旅行のまとめ)絶品点心に高度に発展した超高層ビル群! 一度は訪れるべきアジアを代表する国際都市「香港」 - とある飛行機好きの生活向上ブログ


やはり向こうは本場ですから、点心なんかの質は極めて高いのですが、一点だけ重大な問題があります。何だかわかりますか?
そう、何でもかんでもとにかく価格が高いことです。日本で暮らしている方たちがどう感じるかはわかりませんが、台湾で地元民と同じ水準の給与をもらって生活している私には、香港の物価はかなり高く感じます。
まあそんなこんなで、台湾はいろんな意味で「ちょうどいい」なと私はいつも思っているわけです。美味しいものはた〜くさんありますが、東京や香港と比べたら価格は控えめですからね。

ということで、やっぱりいい国ですね、台湾。
台北にて皆さんの訪台をお待ちしています!