元台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

かつて台湾に数年間住んでいた日本人サラリーマンが綴る雑食系台湾ブログ。ご連絡はTwitter(https://twitter.com/superflyer2015)経由でお願いします。

スポンサードリンク

恋愛・結婚

「退屈」という名の呪縛。「夢中になれる何か」を渇望する現代の若者たち。香港のデモを見て台湾人は何を思うのか?

迷走する現代人。 混乱する世界 令和時代が始まってまだそこまで時間は経っていないわけですが、「とんでもない時代」だなんて思っている方は私以外にも多いのではないでしょうか。 未来ある子供達を死に追いやる高齢ドライバー、殺傷事件を起こすいわゆる「…

なぜ「恋愛」は昔よりも困難になったのか? アラサー女子の苦悩。

最近親戚の女の子が28歳になりました。 アラサー女子の苦悩 彼女は新卒で東京の企業に総合職として入社し、日々バリバリ働いている典型的なキャリアウーマン。学生時代にはアメリカの大学に1年間留学し、英語を流暢に使いこなします。現在でも海外出張が年に…

台湾で同性婚を認めるアジア初の法案が可決。一方アメリカのアラバマ州では中絶禁止法が成立。混迷を極める世界。「寛容さ」とは?

我々は一体どこに向かっているのか。海の向こう側からカオスな世界を眺めていて思うこと。 二つのニュース 私は普段、Twitter(ツイッター)をよく利用していまして、特に報道関係のアカウントを多くフォローしているため、タイムラインには常に様々なニュー…

(性的合意問題)日本人女性が今こそ見習うべき台湾の女性たちのライフスタイル

ここが変だよ、日本人。今こそ台湾から学ぶ時。 性的合意問題 最近日本でよく話題になる「性的合意」ですが、性というのは人間の生活において極めて重要な要素の一つですから、我々はこの問題の解決に真剣に取り組む必要があります。 端的に言えば、「ハグ、…

婚活を始めてわかった女性の「年齢」が意味すること

中年の婚活は色々と複雑で難しいなと思う今日この頃。 婚活始めました 実は私、先月帰国して以降婚活に励んでいます。 元々結婚願望はありましたが、海外に長くいたため日本での恋活・婚活は不可能でしたから、これまでずっと独り身で生きてきました。台湾や…

カップルが長く良好な関係を保つために最も重要なこと。夫婦円満の秘訣とは?

あなたは、愛する人(彼氏、彼女、夫、妻)が明日事故に遭って、半身不随になったり失明したりしたとしても、死ぬまで愛し続けることができますか? 「普通」 「縁起でもないことを言わないでよ、、、」という声が聞こえてきそうですが、それでは、あなたは…

これからの「お一人様」の賢い生き方

私は「子供」が大好きで、子供の笑い声が聞こえる街こそが理想的だと考えています。子供を産む人がいなくなれば人類は滅びるわけですから、全体として人口を保つことは我々国民に課された基本的な努力目標であると考えています。 ただ、そうは言ってもなかな…

小室哲哉氏の引退によってわからなくなってきた「結婚の意義」

本日、2018年1月19日、音楽プロデューサーの小室哲哉氏が引退を発表しました。私は一人のファンとして、はっきり言って現在非常に気分が沈んでいます。 擁護するために書くわけではないのですが、今回の件においては「介護」が一つのキーワードとなっている…

(婚活中の男性たちへ)もしあなたが女性だったら、あなたのような男性と結婚したいと思いますか?

クリスマスソングが煩いので、一般的に敬遠されているある有名な「問い」について考えてみました。 究極の質問 タイトルの「問い」ですが、特にネットの世界では有名ですよね? ということで、再度問いましょうか。 彼女が欲しいと思っている男性、結婚相手…

あなたは無価値な人間なのになぜまだ生きているのか?

自問自答の日々。 きっかけ 異国の地での一人暮らしということで、毎晩寂しい夜を過ごしているわけですが、昨晩何の気なしにTwitter(ツイッター)である女子大生の過去ツイートを読んでみました。慶應義塾大学の4年生だそうです。ネットの世界ではよく知ら…

いつかの12月

昔は、こんなただ寒いだけの冬ではなかったはずなのだけれど、、、 いつかの週末 「週末」と言えば、本当にいい思い出しかない。 最近なぜか、大昔の「週末」に撮った写真を眺めたくなる日が増えた。今日もそんな日らしい。 10年前の俺、笑っちゃうくらい若…

既婚男性へのセクハラ。子持ち男性へのセクハラ。公共の場で平気で下ネタを話す日本人。

「男性へのセクハラ」と聞いてもピンとこない人が日本には多いのかもしれませんが、こういうことにもぜひ関心を持っていただきたいなと思い、書くことに決めました。 ということで、今回は男性に対するセクハラのお話+ちょっとしたエッセーです。 きっかけ …

男から見た「彼氏ができない女性」の特徴

先日、こんな記事を書きました。今回はその逆バージョンです。 taiwanlover.hatenablog.com Twitter経由で記事のリクエストをいただきましたので、今回書いてみることにしました。 はじめに 最近、「なぜ自分みたいなのが恋愛関係の記事なんて書いているのだ…

男から見た「彼女ができない男性」の特徴

秋も後半に入り、冷える日も増えてきました。寒い季節に何が必要か?もちろん答えは「温めてくれるもの」です。暖房器具、コート、辛い料理などいろいろと「ツール」はありますが、やはり心を温められるのは人の心だけ。手を繋いで歩くカップルたちは決して…

(絶賛上映中)「君の名は。(你的名字)」が台湾でも記録的大ヒット!

(※当記事には若干のネタバレが含まれますので、読むかどうかご自身で判断をお願いします。)それにしても、こういうの作らせたら日本人って本当に天才的ですよね。。。 「君の名は。」が台湾でも記録的大ヒット! 新海誠監督の大ヒットアニメーション映画「…

「日本人になる理由は何があるんでしょうか? 二重国籍じゃダメなんでしょうか?」

最近、日本では「台湾」が一つのキーワードになっているようです。今回の「福原愛」さんの件と「蓮舫」さんの件はこちらでもけっこう話題になっていて、私も会社で同僚たちとそれらに関していろいろと話をしました。今回のエントリーでは、その二つの話題に…

(性的マイノリティー)台湾にはなぜゲイとレズビアンが多いのか?(LGBT)

昨日、ヤフーのトップニュースに出ていた「同性愛カップルの子育て」に関する記事を読んでいて思ったのですが、そういえば、こっちでは明らかに日本以上の頻度でゲイやレズビアンを目にするんですよね。 私は前々から、性的マイノリティーに関するニュース記…

(国際結婚のススメ?)台湾人の異性と仲良くなる方法

私は最近、「頑張ってもなかなか恋人ができないけれど、どうしても結婚したい」と思っている人は、もう少し外に目を向けてみてもいいんじゃないかなと思っています。 台湾人のことが好きな日本人 まずは日本人についてですが、「台湾が大好きでもう何度も何…

(女性が男性を選ぶ社会)日本とは大きく異なる台湾の人たちの恋愛事情

これに関してはずっと書いてみたいなと思っていたのですが、読む人によってかなり捉え方が異なるでしょうから、寛容な心で読んでいただけると嬉しいです。 台湾の人たちの愛情表現はかなりわかりやすい 先週の週末、日用品を買うために近所のスーパーに行っ…

(保育士の給与引き上げ無しに解決はあり得ない!)「待機児童解消に向けて緊急的に対応する施策」に含まれなかった最も大事なこと

最もがっかりしたのは、間違いなく現役の保育士さんたちなのではないでしょうか。 「待機児童解消に向けて緊急的に対応する施策について」 3月28日、厚生労働省が「待機児童解消に向けて緊急的に対応する施策について」とりまとめた内容を発表したわけですが…

台湾人の平均月給・平均年収は? なぜ日本人よりも台湾人の方が生活が豊かに見えるのか?

私は普段よくヤフーニュースをチェックしていて、日本で日々何が起きているのか主にはそこから情報を仕入れています。それにしても、、、最近なんか虚しくなるニュースが多いですね、、、 九州のバス運転手の過半数は年収300万円未満!? どうも最近、九州を…

乙武洋匡氏の不倫の件でなぜ彼の妻である仁美さんが謝罪をする必要があるのか? なぜ彼の「タイプ」は「自分に自信のない人・暗い人」なのか?

(*この記事は台湾とは関係ありません。)また不倫!?なんて思ってしまうほど今年は有名人の不倫の話ばかりですね。「浮気」ではなくて「不倫」ですから、本当に深刻な事態だと思います。 「五体不満足」で有名な乙武洋匡氏が不倫 昨日、今日と大きく報道…

(日本 vs 台湾)いろんなことに関して日本と台湾を比べてみた

ふと思い立って、こんな記事を書いてみたくなりました。様々な項目に関して、日本と台湾のどちらが優れているかジャッジしていきたいと思います。管理人の主観に基づいたただのエンターテインメント記事ですから、書き手が変われば結果は大きく変化するだろ…

誰が何と言おうと学生時代に絶対に経験しておくべき最も重要なことが恋愛である理由について冷静に考察してみた

二日前にこんな記事 taiwanlover.hatenablog.com を書いてみたところ、ある大学生の方から「恋愛編」へのリクエストをいただきましたので、今回はそれに応える形で筆をとった(実際はキーボードをカタカタしているだけですが)次第です。 これ一つで本が一冊…

両成敗どころか、ベッキーだけが一方的に干され、川谷絵音はむしろ人気上昇? なぜなのか?

(*台湾とは何の関係もない記事です。) 昔の偉い人がこんな言葉を残しているそうです。天は人の上に人を造り、人の下にも人を造った。みんな背中に値札を付けて生きているということでしょうか。もうベッキーも完全にメディアから消えちゃいましたから、こ…

センテンススプリング

(*台湾とは何の関係もない記事です。)「センテンススプリング」って言いたかっただけです。それだけです。以下の文章はおまけです。次回のエントリーは真面目に書く予定です。それにしても、センテンススプリング!何なんですかね、この魔法の言葉。笑い…

なぜベッキーを擁護する人が少なくないのか?

タイトルを見て驚いた方も多いかもしれませんが、こっちのブログではあんまり堅苦しくない感じで、気軽に書きたいことを書いていきたいと思っていますので、たまにはこういう記事もアリかなと。 “現代人”は「ベッキー擁護」? 海外に住んでいるので、ワイド…