読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないこと、現地在住者ならではの観光情報などについて発信していきたいと思っています。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」再訪レポート

久しぶりにディンタイフォンに行ってきたので、簡単にレポートしてみたいと思います。

 

みんな大好き「鼎泰豐(ディンタイフォン)」


小龍包で有名な「鼎泰豐(ディンタイフォン)」。地元民はもちろんのこと、外国人旅行客でも知らない人はいないくらいよく認知されているレストランだと思います。

やはりローカルな食堂なんかと比べるとだいぶ価格に差があるので、私もお客さんが来た時などにしか利用しないのですが、とにかく味のレベルが高くて大好きです。ちなみに、過去に書いた関連記事は以下のカテゴリーにまとめてあります。

 

taiwanlover.hatenablog.com

行列に並ぶのが嫌なので、私は普段、本店と台北101の中にある店舗は避けて、デパートの中に入っている店舗を利用するようにしています。この日は台北メトロ(MRT)の市政府駅の南側にある新光三越デパートの「A4館」の地下二階に入っている店舗を訪れましたので、以下、ざっと写真で紹介してみたいと思います。

 

ディンタイフォンの「A4店」


ということで、やって来ましたディンタイフォンの「A4店」。12月ということで、クリスマス仕様になっていました。

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」


この日は週末の午後1時を少し過ぎた頃に訪れたのですが、10分ほど待って店内に案内されました。席に向かう途中で「小菜」(小皿料理)のディスプレイがあり、現物を見て選ぶことができます。

自分たちの順番がくるのを待っている間に注文は決めておいたので、席に着いたらあとは料理が運ばれてくるのを待つだけです。

まず最初に運ばれてきたのは、最初に選んだ小皿料理。今回は「ピリ辛きゅうり」と「四季豆」を選びました。

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」


どちらもシンプルな料理ではありますが、絶妙な味付けで美味しいです。特にお酒を飲まれる方であれば、つまみにも最適です。

次に運ばれてきたのは「豆苗」の炒め物です。

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」


こちら、370元(約1,300円)と結構高くて、これは「ほうれん草炒め」や「キャベツ炒め」(ともに180元)の約2倍のお値段ですから滅多に頼まないのですが、やはり美味しいのでたまに食べたくなります。

そしてお次はメインの小龍包。写真には9個しか写っていませんが、同行者が先に一つ取ってしまっただけで、本当は10個です(笑)

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」


ご存知の方も多いかと思いますが、皮がすごく薄くてスープがたっぷり入っていて、本当に食べるだけで幸せになれる味です!

お次は「ピリ辛ゆでワンタン(海老)」。

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」


これも台湾では結構いろんなお店で食べられる定番料理です。見た目とは違ってすごく辛いわけではないので、ぜひ皆さんにも試していただきたいなと思います。オススメの一品です。

次に運ばれてきたのは「えびと豚肉入り焼売」。

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」


これ、「シュウマイ」なのですが、普通のシュウマイとは結構違います。小龍包みたいに中にスープが入っていて、全体的にデカいので食べ応えがあります。340元(約1,200円)と若干高めですが、日本ではなかなか食べられない一品だと思います。

まだ食べるのかと言われそうですが、さらに「えびチャーハン」と「トマト・豆腐入り野菜卵スープ」もいただきました。

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」


どちらもスタンダードな料理ではありますが、ここのお店のものは本当に美味しいです。

ここまで食べるともうお腹はパンパンなのですが、せっかくだから、、、ということで、最後に「ミニあんまん」を食べて終了です。

 

「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の「A4店」


店員さんが「デザートの準備をしてもいいですか?」とタイミングをみて聞いてくれますから、熱々の状態で運んできてくれます。

さすがに今回はちょっと頼み過ぎたのか、以上の料理でお会計は約1,900元(約6,700円)と、財布には結構ダメージがありましたが、とりあえずこれでもうこの先3か月間くらいは来なくてもいいかな、と食後すぐには思える程度には満喫できました(笑)

ということで、簡単な紹介でしたが、兎にも角にも料理は実際に食べてみないことには楽しめませんから、まだ訪れたことのない方は、訪台の際にはぜひ試してみてください。有名過ぎるお店ではありますが、味は安定していて質も本当に高いです。