読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないこと、現地在住者ならではの観光情報などについて発信していきたいと思っています。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

(台北で味わうベトナム料理!)「鼎越豐越南麵食館 武」(@台北メトロ市政府駅すぐそば)

台湾での日常生活 お役立ち情報 グルメ 台湾観光情報

今回は私のお気に入りのベトナム料理のお店を紹介してみたいと思います。

 

台北でベトナム料理!?


東京や大阪同様、台北もアジア地域で言えば間違いなく大都市ですから、様々な国からやっていた多種多様な人々が暮らしています。
現地に実際に住んでいる者の実感としては、中国人以外だと、ベトナム人、マレーシア人、インド人、シンガポール人なんかが特に多いような気がします。

ということで、台北ではけっこういろんな国の料理を楽しむこともできます。お店のオーナーたちの多くは実際にその国の人たちであるケースが多いので、味も本格的です。もっとも、路地裏にあるような小規模店であることが多く、ガイドブック等にも載っていないでしょうから、かなりローカルなB級グルメだったりします。

ちなみに、もしあなたが旅行で来ているのであれば、台北で日本食を試すのは避けた方が賢明だと思います。日本人がオーナーであることは稀ですし、質も一般的に言って決して高くはありません。ただ、鰻は例外です。長年養殖に関する研究が行われてきた国ですしね。

 

台北メトロ(MRT)市政府駅のすぐそばにある「鼎越豐越南麵食館 武」


今回ご紹介するのは、台北メトロ(MRT)の「市政府駅」4番出口のすぐ近くにある「鼎越豐越南麵食館 武」(台北市信義區永吉路30巷167弄2號)というベトナム料理のお店です。ちなみに、「ベトナム」は中国語では「越南」です。

 

鼎越豐越南麵食館の地図


チェーン店ではなく、ここにしかないそうで、立地が非常に良いせいか正直価格は少し高めなのですが、味のレベルはかなり高く、食事時は混雑することも多いです。ただ、十分な数のスタッフさんがいるので、注文してから料理が提供されるまでの待ち時間は短めです。

お店の外観はこんな感じです。台北駅の方向を向いて、「忠孝東路」沿いから右に少し入ったところにあります。

 

鼎越豐越南麵食館


店内はこんな感じで、比較的席数は多めです。

 

鼎越豐越南麵食館


お店に入ると、店内で食べるかテイクアウトかを聞かれ、注文票を渡されます。

 

鼎越豐越南麵食館のメニュー


ご覧の通り、ごくごく一般的な台湾人が一食にかける金額が100元(約350円)であることを考えると、価格設定がけっこう強気なものであるということがわかります。例えば、飲み物の欄に載っている「ベトナムコーヒー」はすごく美味しいのですが、70元(約250円)もするということで、いつも泣く泣く頼むのを諦めています(笑)

こちらのお店で特にお勧めなのは麺類で、私がよく注文するのは牛肉の入ったものです。

 

鼎越豐越南麵食館のベトナムヌードル


これは「越式鮮牛肉河粉」140元(約490円)で、これに肉団子(?)的なものが加わった「越式牛肉牛丸河粉」170元(約600円)はこんな感じです。

 

鼎越豐越南麵食館のベトナムヌードル


他には、やはりベトナム料理と言えばエビ等のシーフードも有名ですから、「越式海鮮河粉」150元(約530円)なんかも美味しいです。

 

鼎越豐越南麵食館のベトナムヌードル


麺だけでは足りない、もう少し食べたい!という方には、生春巻きである「越式生春捲」90元(約320円)がお勧めです。エビがプリプリしていて、タレをたっぷりつけて食べると美味しいですよ〜!

 

鼎越豐越南麵食館の生春巻き



ということで、今回は私のお気に入りのベトナム料理店を紹介してみました。
アクセスが非常に便利なので、市政府駅付近のデパートや台北101などを訪れる際にでも、ぜひ寄ってみていただけたらと思います。