元台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないことを綴っています。(Twitter: @superflyer2015)※2017年夏に中国に引っ越しました。(http://chinalover.hatenablog.com/)

スポンサードリンク

(台湾で楽しむ日本食)「天吉屋」に天丼を食べに行ってきました

ふと急に天丼が食べたくなり、「天吉屋」さんに行ってきましたので紹介してみたいと思います。

 

台北でもまだまだ少ない天丼屋


台北には日本食のお店が本当に山のようにあるのですが、やはりビジネス(採算)の面で比較的出店しやすいラーメン屋なんかが圧倒的に多いような気がします。日本食というのは一般的に言って、作るのにすごく手間がかかるからなのではないでしょうか。出汁なんかが重要になってくる料理が多いですしね。

実は、ラーメン屋も含めて台北にある日本食レストランはとにかく価格が高いので、私は基本的にはこちらで日本食は食べません。例外なのは、「鰻」(安くて美味しいお店があるから)と「パック寿司」(20時を過ぎると半額になるので)と「天丼」(ギリギリ許せる値段で食べられるから)だけです。

今回紹介するのは天丼のお店なのですが、やはりあのタレの味というのは独特で、日本人としてはふと急に食べたくなったりするんですよね。
日本でも天ぷらというのは基本的に高級料理に入ると思いますし、まともなお店で食べれば標準的なコースで1万円くらいはしたりするわけです。ですから、天丼というのは本当に気軽に天ぷらの良さを味わえるという意味で、個人的には大好きです。リッチな人は丼物なんて絶対に食べないんだろうな〜なんて勝手に思っているのですが、実際のところはどうなのでしょうね。

 

主に台湾で展開しているチェーン店「天吉屋」


今回訪れたのは主に台湾でチェーン展開をしている「天吉屋」というお店で、日本には新宿に一店舗あるそうです。

今回は台北メトロ(MRT)「忠孝敦化駅」の3番出口から徒歩10分程度の場所にある「忠孝店」(台北市大安區忠孝東路四段216巷27弄10號)を利用しました。大通りである忠孝東路から少し離れていますから比較的静かで、お店の外観や中の雰囲気も私はけっこう気に入っています。

 

天吉屋の所在地

 

天吉屋の外観

 

天吉屋のメニュー


まず席についてメニューを見ていると、サラダが運ばれてきました。

 

天吉屋のサラダ

これはどうやらおかわりもできるようで、「突き出し」と言うか「お通し」と言うか、そんな位置づけなのではないでしょうか。天麩羅屋でサラダというのはなかなか新しいですよね(笑)
ちなみに、台湾にあるほんの少し高めの飲食店(ざっくり言えば、ローカルな感じの小規模店以外)ではサービス料(10%)を支払う必要がありますから、このお店の場合はサラダ代だと思えばいいわけです。

ここのお店ではどうやら「天まぶし」という商品を推しているようなのですが、天丼のことしか頭になかった私は、天丼を注文した後にそのことを思い出しました、、、

 

天吉屋のメニュー


私が注文したのは、メニューの右側中央に載っている天丼とうどんのセットです。うどんは温かいものか冷たいものか選ぶことができます。この日はかなり気温が高かったので、もちろん冷たいので。お値段は390元+サービス料10%で429元(約1,500円)。台湾在住の一般平民的にはけっこう高いです。この国では、100元程度出せば普通に一食食べられますからね、、、

 

天吉屋の天丼とうどんのセット

味は可もなく不可もなくと言ったところなのですが、店の雰囲気が本当にいい感じだし、店員のお姉さんも優しいので、個人的には「海外でこのくらいの価格でこのくらいの味ならアリかな」といった感じです。ちなみに、写真に写っている冷たいうどんが地味に美味しかったです。油っぽい天丼を食べた後で食べると美味しさが際立ちます。天丼のご飯の量は若干少なめなので、女性でもこのくらいのセットなら普通に完食できるのではないでしょうか。ちなみに、うどんが付かないメニュー左側のセットには味噌汁(ここのお店ではけんちん汁でした)が付きます。


ということで、今回は台北で楽しめる天丼のお店を紹介させていただきました。
駐在員の方など、もしご存知でないようでしたら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。