元台湾在住サラリーマンの徒然なる日々

飛行機とお酒と夜景が大好きな台湾在住サラリーマン。日々の生活の中で感じた取り留めもないことを綴っています。(Twitter: @superflyer2015)※2017年夏に中国に引っ越しました。(http://chinalover.hatenablog.com/)

スポンサードリンク

「台湾人は中国人が嫌い」は正しいのか?

日本の若者のファッション


この度、当ブログの読者の方からあるコメントをいただきまして、どう返信するべきか悩んだのですが、せっかくですから記事にしてご紹介させていただきたいと思います。

 

今回いただいたコメント


まず、件のコメントなのですが、以下の記事に対していただいたものです。

 

taiwanlover.hatenablog.com


とりあえず以下の文章を読む前に、当該コメントをお読みいただけたらと思います。

あなたはどう思いますか?

確かに、「中国人は嫌い」と言っている台湾人はたくさんいます。他にも例えば、「台湾人は好きだけれど、中国人は嫌い」なんて言っている日本人も多いですね。このことは事実です。

また、当該コメントでは、「服装」が一つのキーワードになっているわけですが、まあ言わんとすることは理解できますよね。確かに、ダサい服装の中国人は多いですね。そして、日本の田舎にもダサい服装の人が多いですね。「イモっぽい」という表現が本当にしっくりきます。

 

何が問題なのか?


私の言いたいことは当該コメントへの返信に書きました。それが全てです。あとは、実は私は過去にこんな記事も書いていて、そこにも今回の件に関連した話があります。

 

taiwanlover.hatenablog.com


中国と台湾の関係、中華人民共和国と中華民国の関係、大陸と台湾島の関係は本当に複雑です。日本人が一般的に考えているよりもはるかに複雑です。

私が属している業界の中に、私が心から尊敬している台湾人がいるのですが、その人は中国国民党の支持者であり、彼のお父さんは中国人、お母さんは台湾人です。

私と同じ会社に勤めているある中国人は、昨年台湾人女性と結婚しました。もうすぐ子供が生まれるそうです。

先週の週末、私は台北市内にあるマッサージ店を訪れたのですが、施術をしてくれた女性は中国人で、ご主人は台湾人だそうです。

過去のブログ記事やコメント欄にも何度か書きましたが、私は「国単位で語ることにはあまり意味がない」と考えています。なぜなら、「間違ったこと」を極力言いたくないからです。多数派だけに着目して何か言うことは可能だけれど、実際の生活においては「全体」ではなく「個」の方が大事ですから、「台湾人が、、、」、「大陸から来た人は、、、」などといった語り口には私はどうしても違和感を感じてしまうのです。

例えば、世界的に言ったらまだまだ「日本人はお金持ち」ですけれど、そう言われて皆さんはどう思いますか?
私は幼少期からずっと洒落にならないくらい貧乏ですから、そんなこと言われたらめちゃくちゃ腹が立ちます。「適当なこと言いやがって、、、」としか思えないのです。

話を中国と台湾の関係に戻しますが、日本人にはなかなか理解しづらい理由があるような気もします。ざっくり言えば、中国人も台湾人も基本的には同じ言語を話しますし、大雑把に言えば民族的なルーツだって同じですから容姿も似ています。その点、日本という国はずっと日本ですし、日本語を話す人は日本以外にはいませんから、中国と台湾の関係を理解することは我々日本人にとっては特に難しいのかもしれません。

 

服装について


とまあ以上、少し真面目に書いてみましたが、特に重要なことは当該コメントへの返信に既に書きましたから、以下の考察はもっと気楽に書いてみることにします。

服装に関してもう少し考えてみましょうか。

一般的に、日本人は中華圏の人たちの服装を「ダサい」と思っているようですが、これは本当に人に依ります。例えば、台北でも市街地から少し離れた場所に行くと、安物のショボい服を着て汚い靴を履いている人が本当に多いです。もうファッションを語る以前の問題です。

しかしながら、夜の繁華街なんかに行くと、お洒落な人が本当にたくさんいます。元々経済的に余裕があって、普段からお洒落を楽しんでいる人もいれば、普段は極力ファッションにはお金をかけないようにして、デートや夜遊びの時だけ思いっきりお洒落をするなんて人もいます。あとは、私は男なので綺麗な女性が大好きなのですが、女性のスタイルに関して言ったら、日本人女性は絶対に中国や台湾の女性には敵わないと思います。一般的に言って、日本の女性は足が短くて太く、お尻の位置も低くて形が悪いような気がします。顔に関しては、どちらが優れているのかよくわかりませんが、日本人女性の方が明らかに化粧は上手ですね。

多分、特筆すべきなのは、「日本人は普段から服装にとても気を使っている」ということでしょうね。親の金で学校に通っているようなガキですら、やたらと服に金をかける。そして勉強は頑張らない。だから日本の高校までの教育は非常に素晴らしいのに、大学卒業時点で比較すると他国よりも劣る。アホくさいワイドショーで取り扱う「ファッションチェック」(笑)。どこに行ったって容姿が重視される。ろくに金もないくせに上っ面のためにばかり投資して、海外旅行には行かない。資格取得の勉強も外国語の勉強もしない。みんなが大好きな木村拓哉は基本的な英単語のスペルすら覚えていない。文章を書くのが苦手だから電子メールはあまり使わない。LINE(ライン)が大好き。スマートフォンは大好きだけれど、パソコンの使い方はよくわからない。給料がショボいのは全て安倍のせい。皇室のことはよくわからないけれど、とりあえず愛子さまよりも佳子さまの方が可愛い。SEALDs(シールズ)のことも安保関連法案のこともよく理解していないけれど、とりあえずああいうノリは好き。。。

って、あれっ???
なんか話がズレてきてしまいましたね、、、

何が言いたかったのかというと、「日本人は、服とかオシャレとかファッションとか、そういうことばかりにハマっていないで、もう少し勉強をした方がいい」ということです。中身のない日本人が最近すごく増えているのです。

ぶっちゃけ、彫りの深い顔をした白人なら男女関係なく、デニムに無地のTシャツを着ているだけでも十分かっこいいと私は思います。日本人はもう顔が平たくてどうしようもないから、とにかく髪をいじりまくる。そして化粧を頑張って、服装を工夫する。似たような顔のアジア人同士が貶し合う様は私には滑稽でしかありません。

日本人として、外国人に負けたくないという気持ちは私も強く持っています。しかしながら、ルックスで勝負するのは厳しいような気がします。産業とか学術とか、そういう分野で負けないように我々は頑張るべきなのではないでしょうか。

 

程度の低い日本人


本題が何だったのかだんだんとわからなくなってきたので、そろそろ筆を置きたいと思いますが、今回、件のコメントをいただいた際には、「あ〜これが最近の日本人なんだよな、、、」としみじみと思いました。要は、品がないんですよ。

だいぶ前に、私はこんな記事を書きました。

 

taiwanlover.hatenablog.com


どちらが良いとか悪いとかといった話ではないのですが、ライフスタイルというのは人それぞれであり、お洒落にもお金がかかりますから、あまり他人がどうこう気軽に口を挟むべきではないような気がするのです。

それにしても、いつから日本人はこんなにまでゲスくなったのでしょうかね。

例えば、近年中東情勢は混乱を極めていますが、おそらく99%の日本人は全然勉強をしていませんよね?
イスラム教におけるシーア派とスンニ派の違いとか、なぜトルコでテロが起きるのかとか、みんなおそらく理解しようと努力することすらしていないんですよね?
そんな状態で安保関連法案や憲法改正について偉そうに語ったりなんかするんですよね?
ポケモンとファッションと芸能ニュース以外のことに関してはどうしても興味が持てないのでしょうか?

どうも最近イライラすることが多くて、私も歳を取ったということなのでしょうかね。若者に説教するのが生き甲斐のジジイにはなりたくないとずっと思ってきたけれど、私もただの俗物なのかもしれません。ろくに読者もいない当ブログなんて、所詮は公衆便所の壁の落書きみたいなものですから、それにムキになっている自分を客観的に見ると、これまた滑稽に映ったりして、、、

本当に人の世は住みにくいですね。情に棹させば流されるし、意地を通せば窮屈だ。。。